プロフィール

まぬかん(旧名:h4a管理人)

Author:まぬかん(旧名:h4a管理人)
羽交い絞めにしておっぱいを揉む!
そんなシチュエーションが好きな管理人が官能小説を書いてみました。まだまだ拙い文章ですが、みなさんのたくましい妄想力で補ってやってください♪

基本的に平日14時頃に更新します♪
土日は更新したりしなかったり、です。

作品リスト

すべてではありませんが、一部のお話のリストです。
ちょい読みに役に立てばうれしいです♪


作品リスト

全記事表示リンク
来てくれてありがとう
ブログ開設時から




リセット後




ありがとうございます!!
逆アクセスランキング
いつもアクセスありがとうございます。検索エンジン以外の逆アクセスです♪


FC2拍手ランキング
拍手ありがとうございます~♪
まぬかんへ・・・
まぬかんへ まぬかんへメッセージが遅れます。 感想・リクエスト・イラスト等、ぜひぜひください♪ 感想・リクエストはコメントからでも投稿可能です♪ 泣いてしまうので、誹謗中傷はご遠慮ください。 お気軽にどうぞ~
まぬかんへの連絡用としてお使いください。

イラスト等を送ってくださるかたは、下記メールフォームからどうぞ。

イラストはこちらのメールフォームから

淫罰#01~衆人環視のナカでイかされる~

 
 
くちゅっ。


くちゃっ。


あぁ、この卑猥な水音が、辺りに聞こえていませんように。


ヴヴヴ・・・


あぁ、私のナカをかき回すこの振動が、ベンチシート状の講堂の椅子を伝って周りに気づかれませんように。

・・・はぁっ。もう、もうっだめぇっ。

躯をくねらすとナカの機械が角度を変え、今度は私のナカを掻きむしるように攻めたてる。

私のナカからいやらしい液体が、泉のようにこんこんと湧き続けている。

・・・もう、もう許してください。

私は躯を支えきれず突っ伏すようにテーブルの上に額をつけた。

太ももの上でスカートをきゅっと握り、襲ってくる官能の波に耐えようと息をつめる。

平常心。平常・・・心。

しかし、その心をくじくように、マイクを通して声がかかった。

「そこ。そこの君。堂々と寝るんじゃない。立ちたまえ。」

美術史の講義をしていた森先生が、私を咎める。

みんなの視線が私に集まった時、森先生は眼鏡を直したあと私にニヤッとした笑みを投げる。

その目はなんと言っているか、私には、私だけにはわかる。

『恥ずかしいほどの淫乱ぶりですね。みんなの視線が集まって、余計に感じてしまっているんですか?』

とくん、と、さらに蜜が溢れる。

森先生の手がポケットに入る。

その瞬間、私のナカで動いていた機械が、さらに激しく私を犯しはじめた。

やっ、やぁんっ。こんな、みんなが見てるなかでぇっ。やっ。イっちゃうっ。だめっ。

私は拳をキュッと握り、額に汗をにじませながら必死で耐えている。

そんな私をあざ笑うかのように、森先生はニヤニヤしながら私を見ている。

その目に私は背中がゾクゾクとし、躯の奥が熱くなる。

そう、この先生こそが、私を追い込んでいる張本人なのだ。

私は広い講堂の中で、みんなの注目を浴びながら立っている。

私は、機械に犯され蜜を垂れ流している卑猥な一匹のメスだった。



ちょうどそのタイミングで授業の終わりを告げるチャイムが鳴った。

「罰として、撤収作業を手伝いなさい。」

森先生はそう言って授業を締めくくった。

周りの生徒が一斉に立ち上がり講堂を出て行こうとする。

"罰"という言葉に、私は全身を震わせ果ててしまった。ヘナヘナと椅子に座り込む。

今、行われている行為がすでに罰として与えられているものなのに、さらに罰を与えられる。

私の中のメスがこれから与えられるであろう快楽という名の罰に、先に反応してしまった。

抗い難い淫欲の渦に飲み込まれて行く予感がした。






web拍手 by FC2←お礼ページ始めました♪

 FC2ブログランキングに参加しています
 よかったら「つん」ってしてね♪

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ  にほんブログ村ランキング(愛欲小説)にも参加
 しています。押してもらえると小躍りします♪♪

 人気ブログランキング(官能小説)に復帰でき
 ました♪押してもらえると跳ねて喜びます♪♪

官能小説.comへ  官能小説.comのランキングに参加してみました♪
 よかったらこちらもクリックしてみてください♪♪

官能文書わーるど  官能文書わーるどのランキングに参加してみました♪
 よかったらこちらもクリックしてみてください♪♪

いつも応援してくださってありがとうございます!!みんな優しくって大好きですっ

ささやかなお願い:

当ブログには「inポイントを稼ぐための騙しリンク」や「PVを稼ぐための意味の無い大量の空白行」はありません。
皆さんの愛(クリックや閲覧)だけで成り立っています。もし「しょうがねぇな、少しは応援してやるか」という気持ちになられましたら、バンバンクリックしていただけると泣いて喜びます。







THEME:18禁・官能小説 | GENRE:アダルト |

淫罰#02~降り注ぐ淫猥な水音~





私を除く全生徒が引き上げたことを確認すると、森先生はドアを施錠して回る。

私はというと、まだ講堂の中ほどに取り残されていた。

「何を座っているんですか?」

まだ私の中でモノが動いているのを知っているはずなのに、何食わぬ顔で言う先生が少しだけ憎たらしくなる。

憎たらしい?

その言葉はなんか違う。

なんだろう、と、思っていると、先生がいつの間にか私のすぐ横に立っていて私を見下ろしていた。

その目に、私はゾクっとする。

「脚を少し広げなさい?」

私は目を背け、でも、言われたとおり脚を少し広げる。

脚を広げると、そこで遮断されていた音がかすかに聞こえた。

恥ずかしい…。

そう思った矢先、先生が私の股間にマイクを向ける。

講堂に設置されている全スピーカーから、私の淫猥な水音が流れ出す。

ぐちゅっ。ぐちゃっ。

耳を塞ぎたくなるような音が、私に降り注ぐ。

「んっ。やっ。あっ。」

私の熱っぽい喘ぎ声もマイクが拾い上げ、スピーカーから流れている。

自分の脚の間から漏れてくる水音と、スピーカーから流れている水音、そしていやらしい自分の声を聞いて、いやがうえでも煽られていく。

「せっんせっ。やぁっ。」

私はいつの間にかマイクを握る先生の腕を両腕でつかんでいた。

「そんなに私の腕を引き寄せないでください?」

「引き寄せてなんで、な…。あっ。」

その時、マイクが布越しに私のワレメに押し当てられた。

布越しと言っても、すでに私の蜜でグチョグチョで、マイクを容赦無く濡らしていく。

「学校の備品をこんなにして。いけませんね。」

先生はいつの間にか私の横に座り、後ろの席に頬杖を尽きながら私の反応を見ている。

私は与えられる刺激に躯を震わせながら、横目で先生を見た。

うっすらと笑みを浮かべながら、私の表情を見ている。

「あ…。」

先生の目に私はどう映っているんだろう。

そう思っていると、不意に先生の顔が迫ってきた。

先生は耳に口を当てると、息を吹きかけるように囁く。

「その表情、そそられます。」

そう言って、マイクをねじ込むように押し上げた。

「あぁっ。」

マイクでグリグリとクリトリスを刺激される。ローターが内側から肉襞を震わせる。

与えられる二つの刺激に、私は限界寸前だった。

「それで?なぜ私の講義中に居眠りなどしたのですか?」

「ん。あっ。はぁっ。居眠り…なん…て…。してま…せん…。」

「口ごたえをするんですね?」

先生の声色がワントーン下がる。

これから先生の口から発せられるであろう言葉に、私は先に躯が反応してしまった。

「はぁっ。はァッ。」

先生がクスッと笑う。

「期待しているのですか?これから言われるであろう言葉に。」

そう言って、ニヤニヤと笑いながら私を見下ろす。

指で顎をくいっと持ち上げ自分の方に向かせると、親指で唇を何度か撫でる。

「お望み通り、言って差し上げましょう。」

私はこの時発情したメス猫のような顔をしていたと思う。

「口ごたえをする悪い子には、罰を与えないといけませんね。」


その瞬間、私はイってしまった。






web拍手 by FC2←お礼ページ始めました♪

 FC2ブログランキングに参加しています
 よかったら「つん」ってしてね♪

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ  にほんブログ村ランキング(愛欲小説)にも参加
 しています。押してもらえると小躍りします♪♪

 人気ブログランキング(官能小説)に復帰でき
 ました♪押してもらえると跳ねて喜びます♪♪

官能小説.comへ  官能小説.comのランキングに参加してみました♪
 よかったらこちらもクリックしてみてください♪♪

官能文書わーるど  官能文書わーるどのランキングに参加してみました♪
 よかったらこちらもクリックしてみてください♪♪

いつも応援してくださってありがとうございます!!みんな優しくって大好きですっ

ささやかなお願い:

当ブログには「inポイントを稼ぐための騙しリンク」や「PVを稼ぐための意味の無い大量の空白行」はありません。
皆さんの愛(クリックや閲覧)だけで成り立っています。もし「しょうがねぇな、少しは応援してやるか」という気持ちになられましたら、バンバンクリックしていただけると泣いて喜びます。







淫罰#03~罰を、躯に。~





私と森先生がこういう関係になったのはつい先日のこと。

必修科目の定期試験で、私はほんの出来心でカンニングをしてしまい、それをちょうど試験官として来ていた森先生に見咎められてしまった。

「後で美術準備室に来なさい。」

森先生はそう小さく耳元で囁くと、カンニングで持ち込んだ小さな紙片を没収し、何事も無かったかのように元に戻っていった。

試験が終わり、私はどんなひどい見返りを求められるんだろう、と不安になりながら、美術準備室のドアを叩いた。

「入りなさい。」

その声に、なぜか私の躯の奥が熱くなり、蜜がとくんと溢れ出た。

ドアを開けようと手を掛けたところで私はそんな自分に驚いた。

なに?なんで?

「早くしなさい」

中から再び声がすると、悶えるように内股をこすり合わせてしまっていた。

はぁっ。なんで躯がこんなに反応してしまっているんだろう。

私は2~3回首を横に振ると、ドアを開けた。

油と、少しかび臭い、陰湿な匂いが鼻をつく。

森先生はその中央あたりに立っていた。

私を見てニヤッと口角を上げると、目の前に一つだけ置かれている椅子の背もたれを少し押し、口を開いた。

「座りなさい。」

再び躯が熱くなるのを必死で隠し、私は椅子へと向かう。

絞首台へ続く階段を昇る咎人のような状況にもかかわらず、何かに期待するかのように心臓は早く打ちつけ、躯は空気がまとわりつき撫で回しているかのような甘美な感触が包んでいる。毛穴がすべて開いているかのように過敏になっている。




椅子までたどり着くと、森先生と目が合った。

森先生は妖艶な笑みを浮かべ、顎で椅子をさすと、私の腰に手を当てた。

「あんっ。」

私は躯をくねらせ、思わず声を漏らしてしまった。

一瞬の沈黙の後、森先生が再び椅子をすすめる。

「とりあえず座りなさい。はなしはそれからです。」

私は言われた通りに椅子に座る。

その時森先生が私の肩を指で軽く叩いた。

たったそれだけなのに、私の躯は恥ずかしいぐらいにビクッと反応した。

そんな私の反応を楽しんでいるのだろうか?

先生の指が、肩の上をピアノでも弾くようにリズミカルに叩きながら移動し、首筋をするっと撫で上げる。

「はァっ」

私は艶っぽい息を漏らしてしまった。

はずかしくて先生の顔が見れないでいた。

「なんであんなことをしたんですか?」

先生の指が首筋を何度もさするたび、私の躯はビクビクと魚のように跳ねている。

「つ…い…。んはっ。出来心…で…。あっ。」

息も絶え絶えに返答する。

「反省の色がありませんねぇ。そんな悪い子には、罰が必要ですね。」

その言葉に、ジュワッとっとワレメが熱くなるのを感じた。

「罰?」

「そう、罰。悪いことをした、と、カラダに覚えこませなければなりません。」

「躯…に…?!」

私の心臓がどくんと大きな音をたてる。

「そう。カラダに。」






web拍手 by FC2←お礼ページ始めました♪

 FC2ブログランキングに参加しています
 よかったら「つん」ってしてね♪

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ  にほんブログ村ランキング(愛欲小説)にも参加
 しています。押してもらえると小躍りします♪♪

 人気ブログランキング(官能小説)に復帰でき
 ました♪押してもらえると跳ねて喜びます♪♪

官能小説.comへ  官能小説.comのランキングに参加してみました♪
 よかったらこちらもクリックしてみてください♪♪

官能文書わーるど  官能文書わーるどのランキングに参加してみました♪
 よかったらこちらもクリックしてみてください♪♪

いつも応援してくださってありがとうございます!!みんな優しくって大好きですっ

ささやかなお願い:

当ブログには「inポイントを稼ぐための騙しリンク」や「PVを稼ぐための意味の無い大量の空白行」はありません。
皆さんの愛(クリックや閲覧)だけで成り立っています。もし「しょうがねぇな、少しは応援してやるか」という気持ちになられましたら、バンバンクリックしていただけると泣いて喜びます。







THEME:18禁・官能小説 | GENRE:アダルト |

淫罰#04~奴隷志願のオンナ~

 
 
私は先生の顔を仰ぎ見る。

先生は私を口の端で笑いながら見下ろしている。


ああ、わたし、これから先生に抱かれるんだ。そう思っていた矢先、思いがけない言葉が先生の口から発せられる。

「罰の内容は自分で考えなさい?」

私は耳を疑った。

「あなたの反省度合いを、見せていただきましょう。」


困ってしまった。

燃え上がった躯が行き場をなくして、熱が下半身へと集中する。

もじもじっとしていると、先生が早くしなさい、と、促す。

「何を、したらいいのか、わかりません…。」

私は正直に言った。

「それを考えるのも、贖罪のひとつです。考えることを放棄し、言われた事だけをするのは、ただの奴隷と同じです。」

先生が諭すように言う。

でも、私は・・・

「・・・私、それでいいです。」

「・・・は?」

「私に、命令してください。」

先生は少しだけ黙ると、私の顎に指をかけ、ぐっと持ち上げた。

「言っている意味がわかっていますか?!」

顎が抑えられているので頷くことが出来ず、私はゆっくりと瞬きをすることでYesということを伝えた。

「私の奴隷になるということは、私の言葉には絶対服従なのですよ?」

私は再び瞬きをした。

「口ごたえはゆるしませんよ?」

再び瞬きをしようとして目を閉じた瞬間、先生に唇を奪われた。

理性を奪うかのような、激しいキスに酔いしれる。

草食系だと思っていた森先生が、こんな獣のように貪るキスをするなんて。

お互い口を大きく開き、お互いを貪りつくすかのように食らいつく。

舌は深いところから絡み合い、飲み干すことも叶わない唾液が口の端からだらしなく顎を伝い、肩口を濡らす。

お互いの腕で相手を引き寄せ、躯を密着させ、貪るように、相手を食らい尽くすかのごとく唇を重ねる。

先生の唇が離れ、顎から首筋へと移動する。

「んっ。あぁっ。はやくっ。はやく私を弄んでっ。」

思っていた言葉が口をついて出てしまった。

その矢先、先生がカラダを離す。

「いま、私に命令をしましたね?」

私は疼く躯を抱きかかえながら、先生の顔を仰ぎ見る。

「え・・・?」

「まだ自分の立場をわかっていないようですね。」

眼鏡の奥の瞳が妖しく光る。

「脱ぎなさい。」

「え?」

「あなたの置かれている立場をわからせて差し上げます。はやく、お脱ぎなさい。」

口調は丁寧なのだが、有無を言わせないその圧力にも似たその言葉に、私は背中がゾクゾクッとするのを感じた。









web拍手 by FC2←お礼ページ始めました♪

 FC2ブログランキングに参加しています
 よかったら「つん」ってしてね♪

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ  にほんブログ村ランキング(愛欲小説)にも参加
 しています。押してもらえると小躍りします♪♪

 人気ブログランキング(官能小説)に復帰でき
 ました♪押してもらえると跳ねて喜びます♪♪

官能小説.comへ  官能小説.comのランキングに参加してみました♪
 よかったらこちらもクリックしてみてください♪♪

官能文書わーるど  官能文書わーるどのランキングに参加してみました♪
 よかったらこちらもクリックしてみてください♪♪

いつも応援してくださってありがとうございます!!みんな優しくって大好きですっ

ささやかなお願い:

当ブログには「inポイントを稼ぐための騙しリンク」や「PVを稼ぐための意味の無い大量の空白行」はありません。
皆さんの愛(クリックや閲覧)だけで成り立っています。もし「しょうがねぇな、少しは応援してやるか」という気持ちになられましたら、バンバンクリックしていただけると泣いて喜びます。







THEME:18禁・官能小説 | GENRE:アダルト |

淫罰#05~拘束される躯と絡みつく視線~





私、スゴイいやらしい子になってる。

奴隷でもいい、先生に弄んで欲しいって、そう欲情している。

いじって、なぶって、辱めて欲しいって、そう思っている自分がいる。

先生を横目で見ると、先程と変わらない先生が私を見ている。

私はブラウスのボタンに手を掛けると、ゆっくりとボタンをはずしていく。

先生の視線が少しずつ開いていく胸元に集中しているのがわかる。

その視線がまるで私の乳首に絡みつくかのように、ムクムクっとそそり勃つ。

恥ずかしい。

ボタンを全て外し、ブラウスから肩を抜くと、スルッと床に落ちた。

今度はスカートのファスナーをチリチリと下げ、ホックを外す。

スカートは重力に逆らわず床へと円を描くように落ちる。

先生からストップはかからない。

私はストッキングを下ろし、ブラジャーのホックに手をかける。

先生に背中を向け、ホックをはずすと、そのまま腕を抜き、床にポトッと落とす。

背中に先生の視線を感じながら、ショーツに指をかける。

脱ぐのをためらっていると、こほん、と先生の咳払いが聞こえた。

一気に私の躯が熱くなる。

少しずつ、本当に少しずつおろして行く。

先生の視線を感じながら、極力足を閉じたまま、片方ずつ脚を抜く。

先生に背中を向けたまま、両手を使って前を隠していると、先生から声がかかった。

「手は後ろに回しなさい。」

そう言うと先生は私のそばまでやってきて、肘を後ろで90度に曲げさせると、何か布状のもので交差させた両手を巻いて固定した。

ピンっと、胸をはったような格好になる。

さっき先生の視線によって勃たされた乳首が、主張する。

触って欲しい。

弄んで欲しい。

でも、それは口に出してはいけない。

私はひたすら先生が触れてくれるのをまっている。

瞳を閉じて、その時を今か、今かと待ち構えている。

でも先生はいっこうに触ってくれる気配が無い。

不安に思い、まぶたを開けると、そこに先生の姿はなかった。

ーーー先生?!

私は辺りを見回す。

すると準備室の奥の部屋から、コーヒーの香りのするマグカップを持って戻ってくる先生と目があった。

先生は私を一瞥すると、そのまま少し離れたところにあるテーブルにカップを置き、そこにある椅子に座った。

足を組み、コーヒーを口に含みながら、私をじっと見ている。

私は前を隠すこともできず、先生の視線を正面から受け止める。

先生は笑うでもなく、怒るでもなく、ただ、淡々と私を見ている。

マグカップから立ち上る湯気の向こう側からのぞく先生の眼差し。

私は直立不動でその視線に、ただ、晒されている。

ただそれだけなのに、私の呼吸は荒くなり、喉がカラカラになる。

乳首は震えながらそそり勃ち、ワレメからはトクトクと蜜が溢れ続けている。

まだ何をされたわけでもないのに、私の躯は先生の視線に犯されたかの様に全身がトロトロととけてしまいそうだった。

先生がクスッと笑う。

「足元に跪いて、奉仕なさい。」

私は抗うわけもなく、ただ、いわれたまま先生の足元に跪いてクチでチャックを下ろし始めた。

うまく下ろせないでいると、先生が足を伸ばし、私のワレメを足先でなじった。

「ぁあっ。」

私は思わず口を離してしまう。

「何をしているんですか?早くなさい?」

先生はそういいながら、私のワレメを足の親指でグリグリと刺激する。

私は先生の足に頭を擦り付けながら、奉仕することも忘れ、その刺激に溺れきっていた。

web拍手 by FC2←お礼ページ始めました♪

 FC2ブログランキングに参加しています
 よかったら「つん」ってしてね♪

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ  にほんブログ村ランキング(愛欲小説)にも参加
 しています。押してもらえると小躍りします♪♪

 人気ブログランキング(官能小説)に復帰でき
 ました♪押してもらえると跳ねて喜びます♪♪

官能小説.comへ  官能小説.comのランキングに参加してみました♪
 よかったらこちらもクリックしてみてください♪♪

官能文書わーるど  官能文書わーるどのランキングに参加してみました♪
 よかったらこちらもクリックしてみてください♪♪

いつも応援してくださってありがとうございます!!みんな優しくって大好きですっ

ささやかなお願い:

当ブログには「inポイントを稼ぐための騙しリンク」や「PVを稼ぐための意味の無い大量の空白行」はありません。
皆さんの愛(クリックや閲覧)だけで成り立っています。もし「しょうがねぇな、少しは応援してやるか」という気持ちになられましたら、バンバンクリックしていただけると泣いて喜びます。







関連サイトのご案内

この歳になってまさかの腐女子再デビュー。 BL小説・BLお絵かきを不定期に更新中。ハメをはずしすぎてます。(佐伯兄弟の祖父と高瀬の話「孤独な月」はこちらで超スローペースで配信中・・・のはず。)
⇒BLすいっち

淫猥病棟を全年齢向けに改稿。3月14日に最終回です♪ 誤字脱字、こちらで「NG集」とした部分なども修正しています(笑)
⇒恋愛すいっち

いつか小説に挿絵をいれるために・・・。 はじめてのペンタブレットをつかって、お絵描きの練習を公開するという赤面もののブログです。(現在休館中)
⇒ちょっとえっちなおとなのためのお絵描き館

おっぱい大好き管理人が、「後ろからおっぱいを揉まれる姿を堪能したい!」という欲望のまま、無料動画などを紹介しています。(マダ少ナイデスガ・・・)
⇒もっとえっちなおとなのための・・・
まぬかんのちょっとひとこと
記事にするまでもないちょっとしたヒトコトをつぶやいていきます
リンク


まぬかんのお気に入り♪珠玉の官能的純愛小説です↓

Lovers' labo~官能的純愛小説~




↓6/25(火)からPVアクセスランキングが始まるというので表示内容をそれに切り替えてみました♪なぜだか1位??ありがとうございますー♪


↓人気ブログランキングに復帰しました♪

このブログをリンクに追加する

ページランクブログパーツ

えろぐちゃんねる
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
広告




忍者Admax

倉野くんちのふたご事情ダウンロード販売

以下は18歳以上の方のみアクセスしてください♪

どれもまぬかんがamazon当日便で購入し、良かった品です。

ハイパワー2エッグ

ラブクラウド アンドロイド Wキラー バイブ